Uncategorized

副業で確定申告は必要?

副業人口が多くなっている昨今、税金の悩みの声が多くなっている。
いくら会社が副業OKであっても、税金がかからないわけではない。
「20万円以上」副業での収入があるなら、必ず確定申告が必要になる。

※確定申告:1年間の所得を税務署に申告して納税すること

なお、副業を複数おこなっている場合は、各副業の合計金額が基準になることに注意。
たとえば、宅急便のアルバイトで10万円の収入があり、転売で10万円の収入があった場合は、合計で20万円の収入があったことになり確定申告が必要になる。
これは扶養になっている主婦や学生でも変わりないので注意しよう。

また、FXなどの投資の場合は収益の考え方が少しややこしい。
納税者と税務署の解釈に齟齬がありトラブルになったケースも多いので、100万円以上の規模で取引している人などは税理士に相談するのが安全だ。

多くの人が勘違いしていること

「20万円以上は確定申告」というのは多くの人が知っているが、実は20万円にいかない場合も住民税などはかかってくる。
20万円ルールというのは、あくまでも所得税だけの話なのだ。
20万円未満の所得だからと安心していると、自治体に対して脱税行為を行っている状態になりかねない。
少額の収入でも住民税はかかってくることは念頭に置いておこう。

最近はスマホでも確定申告ができる

税務署もハイテク化が少しずつ進んでおり、今では簡単な確定申告ならスマホでもできてしまうようになった。
税理士に依頼すると、安くても数万円~の費用はかかってくる。
経費になるかならないかの選別が難しいジャンルの副業を行っているなどのケースを除けば、自分で確定申告を行うことも決して難しいことではない。
(※上記の通りFXの場合も税理士への相談を推奨)
むしろ、税金のことを学ぶいい機会にもなる。
とくに今後副業を伸ばして本業にすることも考えている人は税金について学ぶことは非常に大事になってくる。

   Uncategorized 

 この記事に関連する記事一覧

編集担当Pig

取材と自身の副業に余念がない。

趣味はパチンコ競馬。